2012
30
Jan

黒キャットスーツSM

美咲結衣のキャットスーツSM

酷隷の女戦士 第三章 TORTURE



酷隷の女戦士 第三章 TORTURE

単品ブロードバンドで購入

バキュームラックありです。

ラバーのパンツみたいなものも登場しますが、それはほんのちょっとですね。

キャットスーツはラバー製ではありません。

キャットスーツ着用したままのバキュームラックプレイです。

しかし動画全体としては、なんともモヤモヤ感の残る動画でした。

ストーリーですが最後のシーンで急に感じ始めたのは、どうなんだろう?感じてくる必然性が無いような気がするのですが。

ストーリー的には最初の川上ゆうと美咲結衣の絡みのシーンが一番楽しかったですね。あくまでわたしの感想ですが。

電流はどう見ても演技

あとは、う~ん、最初の電流責めのシーンってどう見ても演技なんですよね。電流なんかあからさまに流れていないです。

この「」は、台本のセリフを読む演技は下手なんですが、「なにすんだよ!」とか言いながら抵抗したり、先輩である川上ゆうの役の人のことを思って涙を流したりと、割と演技力があるので。

演技力があるのはけっこうなことじゃないか、と言いたいところなのですが、それで電流責めのシーンをごまかされるのはちょっといただけないな~というのがなんとも。。。

せっかく最後の泣きながら鼻水たらしながらの鼻フックが良いだけにもったいないかな。

全体的になんとも腑に落ちない感じのするビデオでした。

首絞めプレイは割としんどそうかな?

でも美咲結衣の声って割とアニメ声でして、「なにすんだよ!聞こえてんのか!?」とか罵声を浴びせる感じは、アニメのキャラクターが犯されているみたいで良かったですね。

鼻フックは3度ありますが、3方向鼻フックは無しです。

最初の鼻フック責めではしっかりとライトを当てて鼻の奥まで丸見えです。
鼻毛はあまり生えてなかったです。

声といい顔といい表情といい、生意気なガキが調教されている感じですのでそういうのが好きな人には良いでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly